4.08.2018

Thraster

1981年にサイモン・アンダーソンによって生み出された
スラスター(トライフィン)システム

ちょうど自分が産まれた年で
もちろんこの頃のサーフィンなんか知るわけもなく

自分がボードを手にしたのはすでに90年代

ほぼ今あるサーフボードの基礎は出尽くした後だった

サーフボードビルダーとして活動している身として
最もサーフボードが変動したその時代を体験できなかったのは
埋めたくても埋められない引き出しの少なさを感じる


だけど
幸いにも周りに
その当時の書物やボードを綺麗に保管している先輩達がいたので
想像の中でのその時代を探りながら
最近は見て触ったり
書物を読み漁る日々

学生時代このくらい勉強していれば
僕は九大生になっていたかもしれない(笑




シングル、ツイン、ボンザー、クアッド
好きなところはテストしてきた

で、なぜかあまり手をだしていなかったから
そろそろこの辺の80's のトライやりたいな〜
なんて考えていたところ

ライダーから久々トライフィンで
ちょっと攻めたサーフィンしたいって声が上がった

ベストなタイミングだった





シェイプは最近のスラスターのようなものではなく
セミフラットデッキでミッドボキシーレール
ボトムは現代風のシングルダブルで
ビークノーズ

ストリンガーはウェッジストリンガーで
少しテールがフレックスするようにした


ラミネートは6oz
ラップラインも80年代のような変則的なものにしたかったんだけど
今回はウッドフィンにしたので
なんとなくミスマッチな気がして普通に巻いて

モダンクラシックな一本に仕上げた


んで
早速、宮崎に走ってくれてテスト

『激最高』

だったらしく

最近ツインばっか乗ってたから

『サーフィンが若返ったわw』だと。。

皆んなもたまには攻めたい時もあるだろうから
この辺も一本あるといいかもね!





となると
ディケールもそれっぽいの用意したくなる

80年代って今ほどイラストレーター進化してなかっただろうし
落書きしたようなもんを使ってただろうから

そのうち使おうと思って
ボード造りの合間にその辺の段ボールに落書きしてた




で先輩のSleeper designで仕上げ

いっそがしいのにって
チョーめんどくさそうだったけど(笑

なんかさーせん

いつもありがとうございます


せっかくだからTシャツにもしたいな〜




3.25.2018

パフォーマンスロングボード

 ロングボードはシングルフィンが好きで
自分では思いつかないカスタム

波に対するアプローチはひとそれぞれで
選択するボードも様々


それでいい

それがいい


前は『ロングボードはシングルフィンしか造らない』
なんて言ってたけど

僕はサーフボードビルダーである
という事を自覚した

そう名乗っているいじょうは

カスタマーの要望に応えられるよう
なんでも造れないといけないなと最近はおもっている

そして、せっかく何にも囚われないガレージシェイパーでいるのだから
型にハマらず
自由な発想でサーフボードビルドと向き合っていきたいとおもう



performer
9'0" x 21 7/8" x 2 5/8"

for DAISUKE



フィンセッティングはQuad

個人的には見た目にもカッコいい
一味違うパフォーマンスボードに仕上がったんじゃないかな
と思っている、、、







造らせてくれて
ありがとうございます

3.11.2018

Used Boards for SALE!!

こちらの2本!!
次のテストボード製作予定の為、放出します

どちらも僕が使っていたもので
使用にともなうフットマークはありますが
ノークラッシュのミントコンディションです!!

毎回、即SOLDなのでお早めに!!



まずユーズドは出てこないこちら
大人気のモデル

"Pocket Fish "

5'10" x 20 1/2" x 2 3/8"

ダークウッドのウェッジストリンガーを使用していて
テールにしなりがあるのでスピーディーで
伸びのあるターンが楽しめます

Price:130,000 w/t
Thanx SOLD!!






オリジナルウッドキールフィン




------------------------------------------------------------------------------------

Janis モデル
9'4" x 23" x 2 7/8"
ダークウッドストリンガー

特徴的なソフトラウンドピン
ドライヴターン〜スナップの効いたターンが可能

コンケーヴ〜ラウンドボトムでノーズの安定感もあります

オール6ozのデザインパッチ仕様で
程よくライトウエイトに仕上げています

小波〜頭くらいまでテストしましたが
問題なく機能しています

女性でも扱いやすいとおもいます

Price:160,000 w/t





ブランクスは別注のカスタムロッカーを使用しています




お気軽にお問い合わせください


3.02.2018






model:Pocket Fish
5'10" x 20 3/8" x 2 3/8"
For Taisuke


しっかり働き、しっかり遊ぶ


毎年サーフトリップに行く前に
その時の気分で一本造ってから旅に出る

そんな最高の遊び方ができるのは
日頃しっかり働いているからだと思う



モデルにはないアウトラインも
イメージを伝えてもれえば製作します






今年もオトナの冬休み?
楽しめたみたいでなにより

帰ってきたら真っ黒でしたねw





2.11.2018

Fish,Fish,Fish...

相変わらずのフィッシュ人気

個人的には
トラディショナルなサンディエゴフィッシュが好みだけど

ユーザーによって好みは様々

サーフボードビルダーとしてはそれに応えないといけないので
たくさんのテンプレートを組み合わせて造っています






ラミネートも圧倒的にティントカラーが多いですが
最近、ピグメントでの注文も増えています





こちらはコンペティションボードからの乗り換えで
移行しやすいフィッシュを

と、いうオーダーも増えているので

崩しすぎず少しモダンな要素を入れています

基本のテールエンドワイズより
2inc絞り、フィンは薄めの片面フォイル

ならクアッドじゃ?ってなりそうですが
なぜか最近はクアッドじゃなくて
みんなあくまでもツインにこだわる
やっぱりあのドライヴ感とルース感がたまらないんでしょうね

レールは日本のパワーレスな波でも使えるよう
あまりテーパーさせずに
ミッドボキシーでテールまで程よくボリュームを残した

フィッシュに関してはかなりの数をテストしてきたんだけど

海外ブランドでよく見る
ペラペラなソリッドなレールはこっちじゃ使えない

パドルもだるいしテイクオフもあまり早くない
なにより波質が柔らかいのでターンの時ひっかかる

バランスが大事





これはトラディショナルなサンディエゴフィッシュ
ジェフマッカラムなどのグラッサーで有名なアレックスがやってる
グラデーションのラミネート

アブストラクトとまた違った雰囲気でいいですね



これもまたバリバリのショートボーダーからのオーダー
ナローなノーズでロッカーもつけてある

パフォーマンス フィッシュ
5'9" x 19 3/4" x 2 5/16"

フィンはやっぱりツインってことだから
まだテンプレート考え中



こんな感じでフィッシュといっても
いろいろあるから


イメージぶつけてくださいまし



2.04.2018

7'0" Widow Maker


チームライダー Yoshiro Hanada
モロッコへサーフトリップに行くという事で
造らせてもらった1本


1/2"ストリンガーで別注したブランクスを使用


8ftクラスの波まで対応できるボードというオーダーだった

なかなかすぐには取り掛かれず

シェイプするまでのイメージづくり
数ヶ月、、

最初2+1の6channelと考えていたが

師であるTappyさんに相談すると
『widow maker』
がいいんじゃない

という助言をもらった

通常の2+1とはフィンセットアップのポジションが
ぜんぜん違うという事を知り
凄く興味が湧いた


調べると
これはデイヴ・パーメンター、アンドリュー・キッドマン
によるデザインで

80年代最初の2+1セットアップのバランスを修正

テリー・フィッツジェラルドの
『Drifta』



を再考したものだった

あらためて
Tappyさんの引き出しの深さを感じた















今回の旅では
求めていた8ftクラスの波には出会わなかったようだけど

素晴らしく良く機能しているみたい

ものすごくスムースで
激烈にスピードがでるらしい

『めっっっっっっちゃいいよ!!!』
ってメールがきて

一安心






現地のポリスとも仲良くしているようでなによりw







1.28.2018

THE Originals

僕がまだpunk小僧だった19歳

とある洋服屋の先輩と出会い

お前『音』どんなの聴いてんの?

ここら辺もカッコイイぜと教えてくてたその人は

デニム on デニムでベルボトムを履いていた



最初は抵抗があったそのスタイルにしだいに惹かれ

当時、洋服屋になりたかった僕は

当然そこに入り浸り格好も真似するようになった



この辺の70'sスタイルでいくんだったら

音もこういうの知っとかないとダサいぜと
いろいろと教えてくれた

グランジやUK Punkばかり聴いていた自分にとっては
とても新鮮だったのと、よく分からなかったのを覚えている

今だとすんなり耳に入るニールヤング、ボブディランなんか
癖が強すぎてなかなかね(笑

Bluesとかも人生経験少ない20歳そこそこのやつが聴いても
伝わらなくてあたりまえだとおもうよ

それでもレコード屋で古いのを買いあさり
ブートレグなんか読みながら分からないなりに勉強したな〜

実はサーフィンもその先輩が『カッコだけじゃダメだ』って
お前、波乗りもヤレっつって
カッチカチのボッロいフルスーツに
10ft位の3ストリンガーのシングルフィン持たされて
海に投げ込まれたのが始まり(笑


ライヴやパーティーなんかにも沢山連れて行ってくれて
今考えてもいい経験だった
たぶんそこがなかったら今の自分はないと思う

そんな日々を送りながら

ある時Allman Brothers Bandって知ってるか?
ってフィルモアイーストライヴのアルバムを聴かせてくれた

もちろん最初は濃ゆすぎて抵抗があったブルースロックのそのバンド
だったけどずっといろんなの聴き続けて最終的に大好きになった

ツインドラムと
不良感漂うこの感じがカッコよくて、、、

デュエインオールマン(愛称はスカイドック)の5:20秒辺りからの
スライドギターソロ 飛ばされたね









一応このアルバムのフルバージョンも貼っとくから
夜に時間がある時にでもゆっくりと、、、








とまぁ前置きが長くなしましたが
このバンドのロゴデザインがあるんだけど
それをモチーフに作ったデザインが

コレ

なんなのってよく聞かれるから、、



THE ORIGINALS
VECTOR BRANDの1つのテーマ









わかる人が見ると
『オッ』ってなるやつね

オンラインストアにも載せてるので
遠方の方もご利用下さい



あ、ちなみに今はベルボトム履かない

あれは身長が最低でも175以上ないと似合わないって
何年かして気づいたよ(笑








1.26.2018

SURF and TOUGH

2年くらい前からキックボクシングを始めたんだけど

これが激ハマりで
ほんとにおもしろい

実はずっと格闘技には興味があって
10代の頃からボクシングがやりたかった

でもなかなか踏み込めないでしょ?
知り合いもいないのにガチなそこ(笑

で、ず〜〜〜っと流してきてしまったの


なのにになんで今更かというと

 息子が空手を習い始めてさ

やっぱ負けられないでしょ!オヤジとして(笑

わけわかんない奴増えてきて物騒な世の中だし
なんだかんだ家族も守るもんもあるし
いざという時サクッとやられたくないしね

とか考えてた時

ちょうどサーファーで1コ上の先輩が
キックボクシングのジムのインストラクターやってるの知って

こりゃタイミング来たと思ってドア開けてみたのが始まり


コンチハ〜って

汗臭かったね〜(笑

奥でサンドバック叩いてる人いてさ
ドスドス音してるわけ

ウワ〜来ちゃったよって

まぁ〜でももう引けないからね

なんか恥ずかしかったな〜
シャドウとか最初。。。

今考えたら
誰も見てないんだけど(笑


でもその日から
サーフィン始めた頃と同じ感覚で
ほんとに楽しかった

やればやるだけ考えれば考えるだけ
少しづつ上達していくのがわかる

実際はサーフィンより陸で空いた時間、練習できるから
上達速度は早いのかも

上手い人とか見ると
自分がサーフィンのDVDとか本見てる時間
この人、格闘技の研究してたんだろ〜な〜とか思う

どの世界もいっしょだな〜って

20歳そこそこのヤツに
余裕でボコボコにされる

こっちは必死でパドルしてて
横を女の子がかる〜くゲッティングしていくようなもん

もう悔しいけど
歳とか関係なくリスペクトするしかないよね

わからされるってやつ(笑



昔みたいにいつどんな時でも海にいるって事もできなくなってきたしさ
サーフィンだけってのも
いいかげんマンネリ化してきてたからちょうどよかった

今はどちらかというと
マインドはサーフィンより格闘技に向いてるのかも
ってくらいハマってて

ジムは23時までやってるから
仕事バリッとやって夜空いた時間で無理なく続けてる

スゲ〜汗かくし
体幹も鍛えられるから
サーフィンも調子よくなるよ

実際コケなくなったような、、、


ちなみにすごく頭も使う
騙し合いの攻防戦


がむしゃらにやっても絶対当たらない

動きながら考えるのか
考えながら動くのか

あれ、、、

どっちだ??笑



VECTOR BRANDの仲間も
もともとキックやってて
今は同じジムに移籍して来たから
ワイワイ楽しくやってる


興味のある人
体験もやってるからよかったら
声かけてください

一番右の胸板ハンパない全身タイツのひとが
ミット持ってくれますので(笑

やってみたらわかるけど
決して暴力的なものではないから

サーファーは基本負けず嫌いが多いから
たぶんハマる

フィジカル鍛えとかないと
ただのおっさんになっちゃうよ!










1.20.2018

keep on

『やり続ける』
何事も途中あきらめそうになったり
嫌になったり色々あるとおもうけど

『やり続ける』

ずっと先が見えない時間が続く時もあるけど
少しだけでも目の前が明るくなってくるのは
難しいけどコレしかない

もちろん運ってもんもあるかもしれないけど

できなかった事ができるようになって

今の時代なら貪欲に情報を発信し続ける事が可能

いつどこで誰の目にとまるかもわからないし

ネガティブに考えるよりポジティブでいたい

もう何年も前から試行錯誤していた
ウッドフィン

最初、師であるTappyさんが使ってくれるようになって

最近ではいくつかのブランドからもオファーがくるようになった


求めるフィンもブランドにより様々で

造っていておもしろい



フォイルの方法も色々試してきて

今はあんまり失敗しなくなったし

スピードも上がった

前は何本もガイドライン引いたりしてたけど

今は一本だけ引いて

目でいける




自分の手で造った
『モノ』

自分を運んでいってくれるって

素晴らしい事だなとおもいます



とか言っちゃって

ぜんぜんまだまだなんですがね

信じて頑張ります



あ、そうそう
最近、某フィンメーカーからウチにもウッドフィン造ってくれないか?
ってオファーがきたよ

一人でぜんぶやっているし
キャパオーバーになりそうなので少し考えさせてくれ
って返事してしまったけど

とても光栄な事だよ